リハだより

2015年7月14日(火)、当診療所主催の柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を開催しました。この健康フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、肩の痛み、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際について助言(アドバイス)を行うことを目的としています。講義や実技を通して疾病への理解を深め、それらを予防・改善する工夫を生活の中に取り入れていただけるよう努めています。月1回、テーマを変えて開催しています。
 
今回は33名の方に参加していただきました。
はじめに当診療所の理学療法士柳田が肩の痛み、その中でも“肩こり”についての講義を行いました。肩こりで悩む人は多いことや肩こりの部位とそれに対応する筋肉(コリを起こす筋肉)、肩こりの原因などを説明しました。肩こりの原因となる動作の体験を通して肩こりの起こるメカニズムを実感していただきました。また、それらを予防・改善するための運動を紹介し体験していただきました。


次に当診療所の作業療法士本田が肩の痛みの代表的な疾患である肩関節周囲炎についてその原因となる動作やそれらの動作を避けるための対処法について講義と実技を行いました。また、肩の痛みを予防する上で重要な筋肉である腱板の働きを促進する運動を紹介し、参加の皆様に体験していただきました。


参加の皆様からは、「わかりやすく、役に立つ」という感想をいただきました。
2015年6月23日(火)、当診療所で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、月1回、テーマを変えながら定期的に実施していく予定です。
37名の参加者に対して、当診療所の作業療法士 松山から腰の痛みについての講義が行われました。骨、筋肉、神経、内臓系などの問題で腰痛を引き起こすことがあり、原因を見つけて治療や予防をした方が効果的で、安静時でも痛みが強いのであれば専門医師の診察を受けて、病態の説明を聞いた方が良いと説明がありました。参加の皆様はとても熱心に聞いておられました。


腰痛予防体操の実際と実演です。自宅で簡単にできる体操を行いました。
腰痛予防のための運動を紹介し方法や注意点を説明しました。
参加者の皆様は熱心にご覧になられていました。


引き続いて当診療所理学療法士 柳田より姿勢と腰痛との関連についての講義がおこなわれました。姿勢の崩れによって腰に負担が生じる背景として腰の骨格構造や腰椎を安定させる腹部の筋が関係していることを説明しました。


腰椎、体幹を安定させる腹部の筋のトレーニング方法を実施しました。
参加の皆様はメモを取りながらトレーニングをされている方が多くいらっしゃいました。
トレーニングの後に、いくつかご質問が出ており、皆さんの健康に対する意識の高さを感じました。

2015年2月17日(火)、当診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域にお住まいの方の健康生活を支えていく取り組みをしたいと考え、4月より開催しています。今回は、脳の機能と認知症予防について、楽しく体験しながら受講いただけるように、講演の後、3つに分かれてご興味のある体験分科会をお選びいただき、ご参加いただきました。
47名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部の渡辺学部長より、開会の挨拶を行いました。さらに、今回のテ-マである認知症の基礎知識についてわかりやすくご説明いただきました。



保健医療学部の梛野准教授より“脳と認知症―認知症予防をあきらめない”について講義が行われました。認知症を予防するためには脳を健康に保つことが大事です。体の健康を維持するためには食事、運動が大事です。そこで“脳と認知症—脳と認知症予防をあきらめない”と題し、脳の健康を維持するためにはどうすればよいのか?についてお話しました。普段の生活において心掛けることなど、できるだけ具体的に説明し、最後には脳の健康に役立つ食材についてもご説明いたしました。


講演後に①認知症予防のトレ-ニング、②指導者向けのトレ-ニング指導のコツと③情報交換会の3つに分かれて体験分科会を行いました。
①認知症予防のトレ-ニングには31名の方が参加されました。藤井助教より“楽しみながら予防しよう!”と題して、認知症予防のポイントを体験しながら学ぶ講義が実施されました。認知症の予防には、脳の活性化とそれをいかに生活の中に取り入れるかが重要であるということを、ゲームや運動体験を通して学んでいただきました。参加の皆様は熱心に、楽しみながら取り組まれていました。
写真はグル-プで言葉のゲ-ムに取り組まれているところです。ちょっとしたゲ-ムを行うだけでも脳をいかに使っているのかということを学習していただきました。


また、認知症とは無縁に年齢を経ても活躍されている高齢者についてご紹介しました。そういった方の特徴として、「自分なりのこだわりがある」「新しいことに挑戦している」「目標がある」「人との関わりがある」が挙げられています。このことから、日常生活に役立つ工夫点はないか等についても紹介しました。


横井准教授より、〝トレ-ニング指導のコツ(指導者向け)“について講義が行われました。この分科会には10名の参加が参加されていました。
まず、認知症の一次予防事業に役立つように、一般住民に対して認知症の理解を深めてもらうための講義のコツを伝達しました。この時、相手の心の準備状態や実践の程度に合わせて働きかけを変えるTranstheoretical Modelを一部採用し、中核症状の内、記憶障害に焦点をあてて臨床場面で起こり易い症状とその対応方法を説明しました。次に、通所系サービスにおいて即 実践できるように、集団を用いた脳の機能別強化の方法を、実技を交えて伝達しました。この時、課題そのものの効果と職員の接し方による効果を伝えました。
2015年1月20日(火)、当診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、3月より月1回、テーマを変えながら定期的に実施しております。
33名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科の辻助教より“肩こりの対処法”について講義が行われました。講義の後、簡単にできる肩こり体操を行いました。参加の皆様は熱心に取り組まれていました。


肩こりは肩のみの運動ではなく、肩甲骨をしっかり動かすという体操が良いと言われています。肩甲骨をしっかり動かすおすすめの体操をご紹介しました。この体操は、日常的に慣れない動作ではありますが、肩甲骨周辺の深部の筋肉を動かすことになるため、肩こりの対処には良いといわれています。痛みが出ない範囲で動かしていただけると良いかと思われます。参加の皆様は『肩甲骨を意識して動かそう』と声掛けに注意を払いながら、熱心に取り組まれていました。


続きまして、明﨑講師より、〝変形性膝関節症の予防と改善“について講義が行われました。まず変形性膝関節症に関する病態や原因を説明し、変形性膝関節症の早期発見や予防などの説明を行いました。また自宅でも簡単に実施可能な筋力強化運動や日常生活での注意点などを紹介しました。


最後に、当診療所の理学療法士、柳田より〝肩関節痛・膝関節痛を予防する姿勢“について講義が行われました。診療所に来院される方の中で、肩の動きと膝の動きに関するトラブルを抱えた方は多くおられ、共通して姿勢の崩れがあるという現状を伝えました。トラブルの改善には良い姿勢を獲得することが重要だという内容の講義を行い、姿勢の違いによって肩の動きや、膝の動きが影響されることを体感していただきました。


また、トラブルが生じにくい姿勢とはどのような姿勢なのか、自分がどのような姿勢なのか確かめる方法をご説明させていただきました。参加された皆様の多くが、姿勢に関心がある様子で集中して話を聞いておられました。最後に猫背姿勢、反り腰姿勢のそれぞれに対して、姿勢を改善するための運動をご紹介させていただきました。

2014年12月2日(火)、当診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、3月より月1回、テーマを変えながら定期的に実施しております。
28名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科の横井准教授から“転倒予防のための暮らしの工夫と棒体操“について講義が行われました。参加の皆様はとても熱心に聞かれておられました。


高齢者の方は前方に転倒することが多いと報告されています。なぜ、前方に転倒しやすいのかを実技を交えて解説されました。


転倒予防に効果があり、暮らしの中のちょっとした工夫で簡単に実施できる3種類の体操(踵挙げ、つま先挙げ、タンデム立位)を行いました。


最後に、「転倒予防のための棒体操」を実施しました。棒体操は、新聞を丸めて作成した棒を投げる・受け取る・回転させることで、バランスを急激に崩した姿勢を体験するものです。そして、この体操では、棒を投げ損ねたり、受け取り損ねたりすることもバランス能力を養うために大切な体験になります。皆さん、失敗を恐れず、暮らしの中で経験したこのない動きを何度も経験されていました。

2014年11月14日(金)、当診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、3月より月1回、テーマを変えながら定期的に実施しております。
24名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科の中野助教から“肩の痛みとその対策“について講義が行われました。参加の皆様はとても熱心に聞かれておられました。


中高年を対象とした本フォーラムですが、参加者の中で肩の痛みの経験のある方は8割以上に上り、肩の痛みについては皆さん興味を持たれたようでした。


参加者の8割超の方が肩の痛みを経験されていますが「五十肩はほっといたら治る」など世の中の間違った認識についての説明をされました。例えば中高年の肩の痛みに対して、レントゲンで診断できる異常は10%程度で、90%はMRIなどを用いないと発見できないことなど、肩の痛みの怖さについてお話がありました。


骨の模型を使い、日頃は意識しない肩甲骨と腕の関係を説明した後、肩痛の予防のため体の柔軟性や肩甲骨の可動性が重要だということの説明がありました。

実際に身体の柔軟性が肩関節に及ぼす影響を体感していただき、予防のためのストレッチについて説明がありました。
五十肩だと考えて放置していると思わぬ結果を招く可能性があることを知っていただける良い機会になったと思います。
今回は、肩関節という限局したテーマでのフォーラムでしたが皆様の健康維持・増進に少しでもお役立て頂ければと思います。今後も大学と診療所が一体となって地域の皆様に有益な情報をお届けしたいと思います。

 2014年10月10日(金)、関西福祉科学大学附属総合リハビリテ-ション診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、3月より月1回、テーマを変えながら定期的に実施しております。
25名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科の梛野准教授から“脳卒中とリハビリテーションについて、“脳卒中とはどのような疾患で、どのようなリハビリテーションがあるのかについて講義が行われました。参加の皆様はとても熱心に聞かれておられました。




続いて、脳卒中になったあと、ご自宅で行える関節を柔らかく保つための体操を行いました。簡単な運動ですが、脳卒中になって半身不随になると以外に大変な運動になることを皆さん体験されておられました。
 

最後に脳卒中によって生じる認知機能に対するリハビリテーションとして、『間違い探し』『かな拾いテスト』『Trail Making test』を体験して頂きました。思いのほか難しく、参加者の皆さんは熱心に取り組んでおられました。


2014年9月16日(火)、当診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、3月より月1回、テーマを変えながら定期的に実施しております。
21名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科の廣島准教授から“骨粗鬆症の診断について“、どうして骨粗鬆症になるのか、なったらどうなるのかなどについての講義が行われました。参加の皆様はとても熱心に聞かれておられました。


参加者の皆様は全員、超音波検査による骨評価値の測定をしました。今回使用した機器は診療所に設置されているもので、簡単に測定でき、測定結果がすぐに出ます。結果の読み取り方の説明は講義の中で行われました。


続いて、由利助教より“骨粗鬆症の予防“について、食生活のポイントや適度な運動習慣が予防に必要な理由についての講義が行われました。参加者の皆様は、配布資料を参考に熱心にメモをとり聞かれていました。


最後におすすめの運動について実際に体験していただきました。この写真は骨を強くする運動の一つである“片脚立ち運動”を行っているものです。皆さん熱心に取り組んでおられました。

2014年8月19日(火)、当診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域にお住いの方の健康生活を支えていく取り組みを行いたいと考え、3月より月1回、テーマを変えながら定期的に実施しております。今回は「認知症」を正しく理解し、皆さんに予防していただくための講座です。
前回までは、当診療所で行われましたが、今回は関西福祉科学大学で実施しました。時間は3時間と前回よりも長く、内容は講義の後に3つの分科会を取り入れ、より充実したフォーラムを実施いたしました。当日は102名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部学部長の渡辺教授から“脳の可能性を知る「簡単にできる認知症の早期発見」“の講義を行いました。参加の皆様はとても熱心に聞かれておられました。


続きまして理学療法学専攻の重森教授から“脳の鍛え方を知る「脳が若がえるコツ」の講義が行われました。ここではクイズ形式で脳の鍛え方が指導され、聴講の皆さんも一生懸命クイズに答えて、脳の若返りのコツを実感していただきました。


3つの教室に分かれて分科会が開催されました。
体験分科会1 ”簡単にできる認知機能の測定“の講義
 重森教授、早崎准教授により、認知機能の種々の簡単な検査方法を実際に行いました。
各検査によって、何がわかるのか脳機能の説明と共に行いました。皆さん、質問に答えながら、指示通りの動作を行い、ご自身の認知機能を確かめておられました。


体験分科会2“その場でできる効果的な脳のトレーニング”の講義
 理学療法学専攻の梛野准教授より、認知症予防に効果があると言われている有酸素運動やメンタルローテーション、二重課題などを実際に体験していただきました。はじめに有酸素運動が認知機能に及ぼす影響についてミニ講義をし、実際の有酸素運動としてDVDを視聴しながら、みんなで楽しく“パーキンソンダンス”を実施しました。“パーキンソンダンス”は、音楽やリズムに合わせて手足をイメージしながら動かすことで、認知機能向上効果を目指すダンスです。皆さん熱心に取り組んでおられました。


体験分科会3 “リハビリテーション専門家が教える楽に介護できる技術”の講義
岡本准教授らにより、認知症介護における様々な場面を想定した介護技術の講義とデモンストレーションを行いました。参加者の皆様は熱心に聞いていました。

2014年7月1日(火)、当診療所の主催で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、3月18日より月1回、テーマを変えながら定期的に実施しております。
13名の参加者に対して、関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科の辻助教から“生活習慣病に関する情報の紹介について“の講義が行われました。参加の皆様はとても熱心に聞かれておられました。




続きまして“測定結果に対する見方”について講義が行われました。結果数値の読み取り方について説明を行った後に、体脂肪率、筋肉量などを個別に測定しました。計測後すぐに結果が出ます。




測定後、明﨑講師より“生活習慣病の予防・改善”についての講義が行われました。始めに、筋力増強運動の実際としてスクワットを行いました。その際の注意点などを説明していただきながら行いました。



座って行える運動についていくつか行いました。この写真で行っている運動は体幹の筋力増強を目的としたものです。皆さん熱心に取り組んでおられました。



最後に、ストレッチの効果の説明を行いました。方法についてもご紹介し、実際に行いました。ストレッチの後に、いくつかご質問が出ており、皆さんの健康に対する意識の高さを感じました。