リハだより

2015年7月14日(火)、当診療所主催の柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を開催しました。この健康フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、肩の痛み、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際について助言(アドバイス)を行うことを目的としています。講義や実技を通して疾病への理解を深め、それらを予防・改善する工夫を生活の中に取り入れていただけるよう努めています。月1回、テーマを変えて開催しています。
 
今回は33名の方に参加していただきました。
はじめに当診療所の理学療法士柳田が肩の痛み、その中でも“肩こり”についての講義を行いました。肩こりで悩む人は多いことや肩こりの部位とそれに対応する筋肉(コリを起こす筋肉)、肩こりの原因などを説明しました。肩こりの原因となる動作の体験を通して肩こりの起こるメカニズムを実感していただきました。また、それらを予防・改善するための運動を紹介し体験していただきました。


次に当診療所の作業療法士本田が肩の痛みの代表的な疾患である肩関節周囲炎についてその原因となる動作やそれらの動作を避けるための対処法について講義と実技を行いました。また、肩の痛みを予防する上で重要な筋肉である腱板の働きを促進する運動を紹介し、参加の皆様に体験していただきました。


参加の皆様からは、「わかりやすく、役に立つ」という感想をいただきました。
2015年6月23日(火)、当診療所で柏原市民を対象とした“健康フォーラム”を実施しました。本フォーラムは、地域の皆様に転倒や腰痛、認知症などを予防して健康に過ごすための考え方や、リハビリテーションの実際に関するアドバイスを行うことを目的としています。講義や実技体験を通して参加者の皆様に楽しんでいただき生活に取り入れていただけるよう、月1回、テーマを変えながら定期的に実施していく予定です。
37名の参加者に対して、当診療所の作業療法士 松山から腰の痛みについての講義が行われました。骨、筋肉、神経、内臓系などの問題で腰痛を引き起こすことがあり、原因を見つけて治療や予防をした方が効果的で、安静時でも痛みが強いのであれば専門医師の診察を受けて、病態の説明を聞いた方が良いと説明がありました。参加の皆様はとても熱心に聞いておられました。


腰痛予防体操の実際と実演です。自宅で簡単にできる体操を行いました。
腰痛予防のための運動を紹介し方法や注意点を説明しました。
参加者の皆様は熱心にご覧になられていました。


引き続いて当診療所理学療法士 柳田より姿勢と腰痛との関連についての講義がおこなわれました。姿勢の崩れによって腰に負担が生じる背景として腰の骨格構造や腰椎を安定させる腹部の筋が関係していることを説明しました。


腰椎、体幹を安定させる腹部の筋のトレーニング方法を実施しました。
参加の皆様はメモを取りながらトレーニングをされている方が多くいらっしゃいました。
トレーニングの後に、いくつかご質問が出ており、皆さんの健康に対する意識の高さを感じました。