リハビリテーション

理念・基本方針

理念

私たちは患者様一人ひとりを大切に、充実した生活を送れるように情熱と技術をもって支援します。

基本方針

効果的なリハビリテーションを実践し、地域医療に貢献します。
最新の知見を幅広く学び、治療、支援に役立つ技術の習得と研鑽に努めていきます。
地域の医療・福祉施設と連携を図り、安心して利用できる診療所を目指します。

療法士数

総勢4名

-内訳-
理学療法士3名
作業療法士1名

リハビリ紹介

理学療法 - Physical therapy -

 理学療法では病気やけが、高齢、障害などによって、寝返る・起き上がる・座る・立つ・歩くなどの日常の基本的な動作の運動機能が低下した状態にある方に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、光線などの物理的手段を用いて治療を行います。



作業療法 - Occupational therapy -

 作業療法では、身の回りのこと・趣味・仕事など生活に不便が生じている方に対して、様々な「作業」を通じて心身機能の改善、道具の使用や方法の工夫、環境の調整なども考慮することで、生活を「コーディネート」できるように治療・支援しています。

当診療所の特色

関西福祉科学大学付属の総合リハビリテーション診療所(医育機関)であり、大学の研究成果を生かし、質の高いマンツーマンのリハビリテーションをご提供します。また、患者様ひとりひとり異なる仕事・家庭での役割・趣味・環境にあわせて生活を「コーディネート」できるように支援します。